ツーショットダイヤルマニア

条件検索ボタン
TOP
ツーショットダイヤルマニア【公式】 - 日本最大級ツーショットダイヤル紹介サイト -

架空請求とかないの?

当サイト名を騙る架空請求にご注意ください

※注意喚起(当サイト名を騙る詐欺にご注意)

当サイト名を騙り、身に覚えのない請求などを行う架空請求・債権回収詐欺の事例が確認されました。当サイトではそのようなことは一切しておりません。絶対に騙されないようにご注意ください。

不当請求にご注意

残念ながら悪徳と言われるサイトが存在しているのも事実です。利用前に利用規約をきちんと読んでおけばこういったトラブルに巻き込まれる心配は無いのですが、残念ながら利用者のほとんどが読むことなく利用してしまいます。ツーショットダイヤル系で多いのが、「自動後払い」です。無料ポイントを知らぬ間に超過して、後日超過分の支払い催促が来るという物です。こういった場合、慌ててメールなどに記載されている番号に連絡してしまうのが最も危ないパターンです。一度支払ってしまうことで、何度も何度も架空請求をされたりしてしまいます。こういったケースに巻き込まれてしまった場合は、「消費者生活センター」に相談するか、全て無視してください。法律的には一切支払い義務はありません。

ツーショットダイヤル債権回収

債権回収とありますが、支払い義務が生じるケースというのは法律に準拠したサイトの場合のみです。この場合の準拠とは、利用者に一目で分かるように「後払い」となる記載があるか?自動有料に突入する前に、音声ガイダンスなどでその旨のガイダンスがあるか?が争点となります。

音声ガイダンスでも何も言われていない、無料体験終了の通知はなく、自動的に有料になる記載が一切ない、もしくは利用規約にだけ小さく書いてあった。このような場合は一切支払い義務が無いどころか、そもそも契約としてみなされません。

督促状について

大手有名サイトであれば音声ガイダンスにて「無料ポイント終了後はそのまま自動的に有料化となります」ときちんとガイダンスしてくれますが、中には一切記載の無い悪質なサイトもあります。利用者に分かるように明記・通知することが義務となっている為、これらの記載やガイダンスが無い場合で、無料体験終了後にマイナスとなってしまい、後払いの督促状が届いた場合は一切支払い義務はありません。全て無視するようにしましょう。

あまりに督促電話がしつこい場合

度重なる督促の電話やメールが来れば心身ともに疲れてしまいます。この場合は潔く「メールアドレスを変える」「着信拒否」「SMS拒否」をしてしまいましょう。上記に記載した通り、音声ガイダンスや利用者に分かるように説明が無い場合は契約としてみなされません。

事前に必ず利用規約を読む

これさえきっちり行っておけば、何も慌てることもありませんし、ツーショットダイヤルをしっかりと楽しむことが出来ます。少々面倒でも、後々の事を考えて事前にしっかりと読んでから利用するようにしましょう。

督促に慌てて連絡をしてしまった

既に慌てて連絡をしてしまったという貴方。相手に電話番号を知られても、住所が特定されることはありません。docomo・AU・SoftBankなどのキャリアは、法的拘束力を持たない限り、電話番号から個人情報を教えることは決してありません。警察などが介入している場合は別です。請求をしているサイト側も悪質なことを行っているので、まず警察が介入している可能性はありません。既に連絡してしまった場合は、完全に無視するか、電話番号を変えてしまいましょう。

2shot junle list

Information